「夢を実現できる働き方」 経営コンサルタント がんばれ社長!
・過去のメルマガバックナンバーがキーワードで呼び出せます
キーワード:
メルマガ広告 経営者セミナー 経営者通販
今日の言葉(名言/格言集) 画像日記 著作 武沢プロフィール
トップバックナンバー2010年03月 or 人事/教育/組織 >30日 ビジネスメルマガ

2357 2010年03月30日  購読者数32,131名
「夢を実現できる働き方」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
   経営者用メールマガジン  『がんばれ社長!今日のポイント』
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「がんばれ社長!」広告が新しくなりました(武沢)↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・一部を料金改訂し利用しやすくなりました。
・新メニュー「簡易号外」新登場です

詳細→ http://www.e-comon.co.jp/koukoku/ad_price.html
問い合わせ → info@e-comon.co.jp まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




『夢を実現できる働き方』


●メルマガを発行していて手応えややり甲斐を感じることがたくさん
あるが、予想もしていなかった読者からメールを頂戴することも楽し
いものだ。

『サービスの達人』について昨日書いたところ、銀座のキャバレーで
働くある女性読者からメールを頂戴した。

●彼女はプロとして本職を持つ方だが、それだけで食べていくのがむ
ずかしくなり、銀座のキャバレーでアルバイトを始めたそうだ。
「この規模のキャバレーは都内にはもうここしか残っていない」そう
で、ホステスはプロよりも20代のアルバイトが多いが、幹部による
ホステス教育もしっかりしているお店だという。

●昨日のメルマガを読んで今の仕事に励みがもてたそうで、思わず感
謝のメールを送って下さったとか。ありがたいことである。
お店の名前も書いてあったので今度遊びに行ってみようと思う。

●さて今日は「徒弟制度」を取り入れている会社について書いてみよ
うと思う。

徒弟制度とか丁稚奉公などというと時代錯誤の印象も受けるが、それ
を求める若者や親がいるのも事実のようだ。
若いうちにしっかりと手に職をつけるための職業教育と人間教育をや
ってほしい。収入の良さや勤務時間の短さは若者にとってむしろ弊害
になる、という考え方も一部にある。そのあたりを若者本人も親も経
営者もしっかりと確認し、相互に覚悟をもって徒弟制度に取り組んで
いる会社が実際にあるのだ。

●会社の名前は有限会社秋山木工(神奈川県横浜市、代表:秋山利輝
社長、2008年度売上高 10億円)。

若者の夢を実現できる日本伝統の働き方として、秋山社長が考案した
同社の丁稚制度。
その詳細を『丁稚のすすめ』(幻冬舎)として秋山社長自らが著した。
また、同社のホームページを見てもその様子が伝わってくる。

★『丁稚のすすめ』 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=2415

★秋山木工 http://www.akiyamamokkou.co.jp/student.html

●まずおさらいから。
徒弟制度は江戸時代に始まり、第二次大戦まで続けられてきた商店主
養成制度のこと。
一般的には30歳前後にはのれん分けされ自分の商店を持つことが許さ
れる。ただしそこに到達するまでは厳しい生存競争に勝ち抜く必要が
あり、江戸期の三井家の丁稚の場合は、のれん分けまで到達できるの
は三百人に一人であったとか。

●戦後、この制度が廃止された背景にはGHQによる労働法規の整備や、
義務教育の年限が9年に延長された結果、この制度を維持することが困
難になったことなどが理由になっている。
それによって、丁稚を採用していた企業は近代的な契約による従業員
に衣替えさせられ、200年以上の歴史を持っていた丁稚制度は消滅した。

●だが、今日の法制化における「新・丁稚制度」とでもいうべきもの
を考案したのが秋山木工の秋山利輝社長。
八年で一人前にしてクビにする。八年で辞めなければならないのだ。
これからいよいよ会社に貢献してくれる時期になぜそうするのか?

●一つには彼ら(職人)のためという思いやりがある。どんなに伸び
盛りの若者とはいえ、8年以上も同じ環境で仕事をしていては刺激がな
くなり、マンネリになる。
本人にやる気があって成長期にある20代後半から30才のころに環境を
変えてやることで一気に能力を開花させてほしいという親心だ。

●もう一つの理由は会社の事情。
「職人を10人抱えたら会社は潰れる」という信条から優秀な職人とい
えども抱え込まない方針でやってきたという。
これまでに50人を超える職人を育ててきたがもし彼らのうち何割かで
も社内にとどまっていたら会社は存続できなかっただろうと告白して
いる。

さて、明日は同社の丁稚制度の詳細をご紹介したい。

■■■今日のおすすめ情報■■■

出番ですよ!大塚商会さんがアライアンスパートナーを募集しています。
まずは資料請求から(武沢)↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 大塚商会がITベンチャー企業の協業パートナーを募集(出資も検討)
 株式会社大塚商会は「第17回ベンチャー発掘カンファレンス」を5月28日
 に開催。応募締切は4月27日まで。スケジュールや詳細はWebサイトから。
★ 大塚商会との新規事業立上げに興味があれば今すぐクリック! ★
 ⇒ http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=2409
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人に強い社長になろう(武沢)↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■社長必読の最新刊:「自信をもって人を動かす」
 激動期の社長が身につけなければならない、「部下について
 来させる力」「人を束ねる3つの原則」「物事を着実にさば
 く力」…など、社長が人を動かすための〈8つの条件〉を、
 社長の名参謀軍師が「激動期の人間社長学」として緊急提言。
 http://www.jmca.net/books/kobayashi/kk.php?&id=188
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □□史上初の半額キャンペーン中!がんばれ社長に広告を出そう□□

「がんばれ社長」は読者の過半数が「経営者」です。
あなたの告知に最適。「通常号外」も「簡易号外」も「ヘッダ」
「記事中」「フッタ」もみんな半額(2017年末日まで)。
この機会にしっかり PR、しっかり集客、しっかり見込客発見を。
★キャンペーン→http://www.e-comon.co.jp/koukoku/index.html

 ご希望の方には見積書、提案書、メディアガイドをお送りします。
 ご相談もお気軽にメールを!
 連絡先:info@e-comon.co.jp、電話 052-968-2082(広告担当まで)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
経営者仲間や経営力を高めたいという方にこのメルマガをご推薦ください。
届かなくなった方は、こちらから再登録をお願いします。
【公式版・プライベート版メルマガ登録】http://e-comon.jp/touroku

【メルマガ購読を解除する方法】
「まぐまぐ」経由の解除 http://www.mag2.com/m/0000041796.html
「メルマ」経由の解除 http://www.melma.com/backnumber_13939/
「フィデリ」経由の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=64559
「がんばれ!社長」直配信の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=84089

分からない方は届いたメルマガを当方に転送してください。お調べして回答します。
転送先メールアドレス→ info@e-comon.co.jp 「登録解除を希望」係

【発行者】有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢 信行
  〒460-0002   名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3階

【公式ホームページ】 http://www.e-comon.co.jp/
【メルマガバックナンバーを見る】 http://e-comon.jp
【セミナーに参加する】http://www.e-comon.co.jp/session/
【講演・執筆・取材依頼】http://www.e-comon.co.jp/info_input.php
【「がんばれ!社長」の通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【武澤 信行の電子小説シリーズ】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4214
【がんばれ!社長の月刊誌(PDF)】http://www.e-comon.co.jp/saizensen/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【編集後記】


◆大垣日大、がんばれ!


【武沢のTwitter】 http://twitter.com/takezawa2008
【当面の武沢スケジュール】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=1806
【「がんばれ社長!」通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【経営力・ビジネス力を高める通信顧問】 http://www.e-comon.co.jp/club.php
>前号 このページのトップ 次号<


 Email
 登録  解除



■メルマガ登録方法≫
「登録」ボタンをチェックしてメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


■メルマガ解除方法≫
「解除」ボタンをチェックしてメルマガ登録をされたメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


Copyright (C) 2003 有限会社がんばれ社長
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3F
TEL:052-968-2082  FAX:052-972-6465