「続々・講師と落語家」 経営コンサルタント がんばれ社長!
・過去のメルマガバックナンバーがキーワードで呼び出せます
キーワード:
メルマガ広告 経営者セミナー 経営者通販
今日の言葉(名言/格言集) 画像日記 著作 武沢プロフィール
トップバックナンバー2012年09月 or その他 >06日 ビジネスメルマガ

2949 2012年09月06日  購読者数28,645名
「続々・講師と落語家」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
   経営者用メールマガジン  『がんばれ社長!今日のポイント』
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=環境事業全般でビジネスパートナー募集!!=
がんばりながら、明日を目指すあなた様と共にやりたい事業ができました!
CO2削減、省エネ、省コスト推進事業として、メーカー、大手商社様巻き
込んでの、ビジネススキームです。
マーケットが全国に渡り、弊社だけでは力不足です。
現状の業種業態は関係なく、是非資料請求をしてください!
ご縁は必ず大事にさせていただきます。
資料請求⇒ http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=3295
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





『続々・講師と落語家』


●『落語家はなぜ噺を忘れないのか』(柳家花緑著、角川 SSC 新書)
の話題も今日で三日目。これ一冊でこんなに書けるとは、840円は安い
投資だった。学ぶとか成長するということがどういうことかを知りた
い若者にもおすすめの一冊である。

★落語家はなぜ噺を忘れないのか
→ http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=3296

●営業トークの台本のことを「トークスクリプト」ともいうが、福岡
の栢野さんも昨日号の私の記事を引用し、Facebook でその重要性をこ
のように訴えておられる。

★栢野さんの Facebook 記事 → http://on.fb.me/OQAzuA

●さて、落語家がバラエティ番組などに出ているのをみると、いかに
も気軽そうで、楽な稼業にみえる。だが芸を磨くための楽屋裏の努力
は大変なもののようだ。
柳家花緑が志ん朝から『愛宕山』というネタの稽古をつけてもらった
時のエピソードが先の本に紹介されている。要約して紹介しよう。

●志ん朝の自宅に出向き、着物に着替えてから 45分程度の『愛宕山』
を演じた花緑。志ん朝から借りたビデオを丸暗記してきたのだ。
「よく覚えたね」と褒める志ん朝。そのあとに、「ただね、ここはこ
う変えたほうがいい」と指導が始まった。

●本来なら手帳を出してメモを取りたいのだが、志ん朝の様子からし
て、いちいちメモを取っている状況ではなさそうだった。
一気にまとめて指摘されたのは12箇所。必死でそれを頭にたたきこみ、
着替えを済ませて師匠宅を出た後、神楽坂の喫茶店に飛び込んだ。
コーヒーを注文したあと、手帳にワーッと書き出した。

1.頭数を数えることを「あたまっかず」と言っていたが、正しくは
  「あたまかず」。
2.尻っぱしょりをするときに、膝を軽くひとつポンッと打つ。
3.歌を歌いながら山を登るとき、もっと軽く、自分に酔っているよ
  うに。
4.裂いた着物で縄をなうときの仕草は、前ではなく横向きに。

・・・。

●こんな感じで12個すべてを思い出し、手帳に書き終えた花緑。書き
終えてみて、改めて志ん朝師匠のすごさを知った。
なぜなら、師匠はメモもとらず45分間ずっと黙って聞き、弟子が話し
終わるやいなや、一気に細部の仕草にまで指導が及ぶ。学ぶ方も大変
なら、教える方だって真剣なのだ。
結局、花緑が志ん朝から直接教わることができたのは生涯で二度しか
なく、この日が最後だった。

●「守・破・離」というが、花緑もいざ『愛宕山』を高座で演じるに
あたっては、志ん朝流のやり方を一部壊している。土器を谷底に向か
って投げる場面で、あえて後ろ向きに投げるというベタなギャグを入
れて、花緑の個性を出しているのだ。

●柳家花緑は 1971年生まれの 41歳。人間国宝であった 5代目柳家小
さんの孫である。落語家の家系として恵まれた環境に育ったわけだが、
周囲の目はそれだけに厳しい。根がまじめな花緑はいつでもどこでも
優等生のような存在だったようだ。
小三治師匠などにはよく「おまえにとって小さんという存在は国宝で
はなく、単なるジジィなんだから、もっとワガママを言え」などと忠
告されたようだ。

●本人はそうした厳しい目やアドバイスも含めてしたたかに成長して
いった。本来ならまともに口をきいてもらえないような先輩芸人から
も直々に教わった結果、今日の花緑がある。

いかにも花緑の落語のように、まじめでいい味を出している一冊だっ
た。



■■■今日のおすすめ情報■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■社長は何をなすべきかを明示した〈不朽の経営バイブル〉 
 指導先5000社以上、社長の教祖的コンサルタントだった一倉氏が
 35年の経験を命懸けで説いた、経営の真髄と戦略を凝縮した貴重
 な一冊。発刊以来、全国の経営者から「まさに目からウロコが落ち
 た」と指名買いが続くベストセラー書。 ユニクロ柳井社長も絶賛。
http://www.jmca.net/books/kokoroe/kk.php?&id=297
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<募集中! 「がんばれ!社長の本気講座」>

★「がんばれ!社長 本気講座」(本気になれる、元気が湧く経営講座)
  東京・大阪・名古屋で開催、受講者募集中↓
  http://www.e-comon.co.jp/session/?page_id=2806



――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □□史上初の半額キャンペーン中!がんばれ社長に広告を出そう□□

「がんばれ社長」は読者の過半数が「経営者」です。
あなたの告知に最適。「通常号外」も「簡易号外」も「ヘッダ」
「記事中」「フッタ」もみんな半額(2017年末日まで)。
この機会にしっかり PR、しっかり集客、しっかり見込客発見を。
★キャンペーン→http://www.e-comon.co.jp/koukoku/index.html

 ご希望の方には見積書、提案書、メディアガイドをお送りします。
 ご相談もお気軽にメールを!
 連絡先:info@e-comon.co.jp、電話 052-968-2082(広告担当まで)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
経営者仲間や経営力を高めたいという方にこのメルマガをご推薦ください。
届かなくなった方は、こちらから再登録をお願いします。
【公式版・プライベート版メルマガ登録】http://e-comon.jp/touroku

【メルマガ購読を解除する方法】
「まぐまぐ」経由の解除 http://www.mag2.com/m/0000041796.html
「メルマ」経由の解除 http://www.melma.com/backnumber_13939/
「フィデリ」経由の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=64559
「がんばれ!社長」直配信の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=84089

分からない方は届いたメルマガを当方に転送してください。お調べして回答します。
転送先メールアドレス→ info@e-comon.co.jp 「登録解除を希望」係

【発行者】有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢 信行
  〒460-0002   名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3階

【公式ホームページ】 http://www.e-comon.co.jp/
【メルマガバックナンバーを見る】 http://e-comon.jp
【セミナーに参加する】http://www.e-comon.co.jp/session/
【講演・執筆・取材依頼】http://www.e-comon.co.jp/info_input.php
【「がんばれ!社長」の通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【武澤 信行の電子小説シリーズ】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4214
【がんばれ!社長の月刊誌(PDF)】http://www.e-comon.co.jp/saizensen/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【編集後記】


◆今から東京です。今回は一泊で引き返さねばなりません。


>前号 このページのトップ 次号<


 Email
 登録  解除



■メルマガ登録方法≫
「登録」ボタンをチェックしてメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


■メルマガ解除方法≫
「解除」ボタンをチェックしてメルマガ登録をされたメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


Copyright (C) 2003 有限会社がんばれ社長
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3F
TEL:052-968-2082  FAX:052-972-6465