「偉大と良好」 経営コンサルタント がんばれ社長!
・過去のメルマガバックナンバーがキーワードで呼び出せます
キーワード:
メルマガ広告 経営者セミナー 経営者通販
今日の言葉(名言/格言集) 画像日記 著作 武沢プロフィール
トップバックナンバー2001年12月 or 理念/哲学 >21日 ビジネスメルマガ

413 2001年12月21日  購読者数11,934名
「偉大と良好」

★がんばれ社長!2002年カレンダー発売中!http://www.e-comon.co.jp/2002cal/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
   経営者用メールマガジン  『がんばれ社長!今日のポイント』
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【今日の言葉】

  「未来は予測するものではない、選び取るものである」
( デンマーク工科大学教授:ヨアン・ノルゴー )


『偉大と良好』


●“偉大”を夢見るか、“良好”で満足するか、それが大きな分岐点
となる。「グレート!」を目指すか、「グッド」で満足するかの違い
はデカイ。偉大と良好の違いは何なのだろう。


●以前に一度ご紹介した『ビジョナリーカンパニー』(日経BP社刊)
に続編が出た。
『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』という。最近発売になっ
たこの本の冒頭のことばが名文だ。まず引用してみたい。

------------------------------------------------------------
良好は偉大の敵である。偉大だといえるまでになるものが滅多にな
いのは、そのためである。
偉大な学校がないのは何より、良い学校が多いからだ。
偉大な政府がないのは何よりも、無難な政府があるからだ。
偉大な人生を送る人がめったにいないのは、かなりの部分、平凡な人
生に満足すれば気軽だからだ。
偉大な企業がめったにないのは、ほとんどの企業がそこそこ良い企業
になるからだ。
ここに大部分の問題がある。

★『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』 より引用
------------------------------------------------------------

●この本では、“良好”な企業が、“偉大”な企業に転換するための
ターニングポイントが何であったのかを明らかにしようとしている。
一読をおすすめしたい。私も正月休暇に読みたい本のベスト1だ。

●偉大な企業は、業界平均を大きく上回る卓越した成長を遂げる。
 しかも継続的に。
 偉大な企業は、経済環境の荒波を乗り越えて成長する。
 偉大な企業は、最初から小さな成功や安定を拒否する。
 偉大な企業は、偉大な人と組織を作る。
 偉大な企業は、五つのステップを経て偉大な経営者になる。
 ・個人として偉大であること
 ・組織人として偉大であること
 ・管理者として偉大であること
 ・経営者として偉大であること
 ・第五水準の経営者(謙虚さと意思の強さという矛盾した性格の同
  居)

●企業経営にとっては、何が偉大で何が良好、そして何が凡庸なのか。
その基準を決める客観的な尺度はない。

『ビジョナリー・・・』では、偉大な企業の定義として、一定期間の
株価の上昇率を用いているが、株価をもたない大多数の我々は何を基
準にすれば良いのだろうか?

●その鍵は目標設定にあるように思う。

経営陣はもちろんのこと、社員全員に対して潜在能力の発揮を求め続
けるような社内風土を作れるかどうかが大きな鍵になる。

●あるときGEのジャックウエルチ氏が日本の女子記者からインタビ
ューを受けた。
「組織を活性化する秘訣はなんでしょうか?」と聞かれたウエルチは、
彼女に腹筋を10回やるように頼んだ。

トレーニングマシンを使って彼女の腹筋が8回目まできたとき、
「あと5回やってみせて」
11回目まできたら、「ホー、あと5回出来そうだね。」
14回目まできたり、「すごいじゃないか、あと5回やれるかい。」
というように、結果的には彼女に相当な回数の腹筋をやってもらった
のだ。

腹筋を通してウエルチが彼女に教えたかったことは何だろうか。

●偉大な企業も良好な企業も、そして凡庸な企業も人が運営している。

英国の学者べヴァレッジの言葉。
「凡人をして非凡なことをなさしめることが組織の目的である。」

そのためには、偉大なリーダーが必要となる。

「良好は偉大の敵である」、けだし名言ではないか。

新年を間近に控え、あなた自身に偉大さを要求するような来年の目標
をたててみよう。

■■■今日のおすすめ情報■■■

■「楽天ビジネス」をご存じですか。

あのネット通販で有名な「楽天」が、ビジネスの売り手と買い手をマッチ
ングするサイト「楽天ビジネス」を運営中です。
ビジネスサービス事業部長の佐藤友木子さんからのお知らせです。
まずアクセスし、資料請求してみましょう。 (武沢)

====================================================================
「もっと効率的な営業をしたい!」「これまでとは違う顧客を開拓したい」
そんなとき、たった一度、どこの地域でどんな分野のサービスを提供可能か
ご登録いただくだけで、次々と条件に合う見込み案件が飛び込んでくる…!
それが楽天ビジネスのサービスです。

⇒ http://business.rakuten.co.jp/apply/index.cfm?afl=vwsn
==================================================================

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □□史上初の半額キャンペーン中!がんばれ社長に広告を出そう□□

「がんばれ社長」は読者の過半数が「経営者」です。
あなたの告知に最適。「通常号外」も「簡易号外」も「ヘッダ」
「記事中」「フッタ」もみんな半額(2017年末日まで)。
この機会にしっかり PR、しっかり集客、しっかり見込客発見を。
★キャンペーン→http://www.e-comon.co.jp/koukoku/index.html

 ご希望の方には見積書、提案書、メディアガイドをお送りします。
 ご相談もお気軽にメールを!
 連絡先:info@e-comon.co.jp、電話 052-968-2082(広告担当まで)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
経営者仲間や経営力を高めたいという方にこのメルマガをご推薦ください。
届かなくなった方は、こちらから再登録をお願いします。
【公式版・プライベート版メルマガ登録】http://e-comon.jp/touroku

【メルマガ購読を解除する方法】
「まぐまぐ」経由の解除 http://www.mag2.com/m/0000041796.html
「メルマ」経由の解除 http://www.melma.com/backnumber_13939/
「フィデリ」経由の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=64559
「がんばれ!社長」直配信の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=84089

分からない方は届いたメルマガを当方に転送してください。お調べして回答します。
転送先メールアドレス→ info@e-comon.co.jp 「登録解除を希望」係

【発行者】有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢 信行
  〒460-0002   名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3階

【公式ホームページ】 http://www.e-comon.co.jp/
【メルマガバックナンバーを見る】 http://e-comon.jp
【セミナーに参加する】http://www.e-comon.co.jp/session/
【講演・執筆・取材依頼】http://www.e-comon.co.jp/info_input.php
【「がんばれ!社長」の通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【武澤 信行の電子小説シリーズ】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4214
【がんばれ!社長の月刊誌(PDF)】http://www.e-comon.co.jp/saizensen/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【編集後記】

◆年末ぎりぎりまでガンガン仕事が入ってきます。
大変ありがたいことですが、いつ本を書けるのだろう。
まさしく「時間との格闘技」だと痛感しています。

◆昨日・今日と「経営戦略考」の森さんが私のマガジンをご紹介してくれま
した。そのおかげで、昨日一日で、今年最高の読者増加となりました。
まだ増えています。雑誌メディア以上に強烈ですね。

「経営戦略考」 http://www.mori-office.com/mailmag/index.htm

>前号 このページのトップ 次号<


 Email
 登録  解除



■メルマガ登録方法≫
「登録」ボタンをチェックしてメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


■メルマガ解除方法≫
「解除」ボタンをチェックしてメルマガ登録をされたメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


Copyright (C) 2003 有限会社がんばれ社長
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3F
TEL:052-968-2082  FAX:052-972-6465