「暗黒大陸」 経営コンサルタント がんばれ社長!
・過去のメルマガバックナンバーがキーワードで呼び出せます
キーワード:
メルマガ広告 経営者セミナー 経営者通販
今日の言葉(名言/格言集) 画像日記 著作 武沢プロフィール
トップバックナンバー2001年12月 or 時間経営 >06日 ビジネスメルマガ

400 2001年12月06日  購読者数11,419名
「暗黒大陸」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
   経営者用メールマガジン  『がんばれ社長!今日のポイント』
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【今日の言葉】

  「忙しい?アリも忙しいのだ。問題は、何が忙しいのか?ということだ」
( 米思想家:ヘンリー・デイヴィッド・ソロー )


『暗黒大陸』


●あなたを24時間尾行し、その日常を監視し続ける調査員がいるとし
たらどう思われるだろうか。
あなたの仕事ぶりを克明に調査・記録し、時間の使い方に関してアド
バイスしてくれる。調査員も兼ねた診断士でもあるのだ。
そうした調査員がいるとしたら、あなたは雇ってみるだろうか。

●しかし、残念ながらそうした調査員はいない。
自分で管理するしかない。
あなたは、自分自身の時間の使い方の調査員兼診断士にならなければ
ならない。

結局のところ自己管理なのだ。

●私はいままで2回、秘書らしきアシスタントを雇ったことがあるが、
もう二度と秘書を持たないと決めた。理由は簡単だ。

自分に勝る時間管理の達人はいない。自分以上に自分のことがわかる
人はいないのだ。

秘書を雇うことでかえって私は秘書の時間まで管理する羽目になって
しまったのだ。
楽になる予定でお願いした秘書が、かえって私の負担を増やしたので
ある。秘書をもちたいという願望は、今の私にはない。

●ホワイトカラーの生産性向上が叫ばれて久しいが、いまだに経営者
や専門家の時間効率をはかるものさしは生まれていない。

生産性向上の先がけとなった製造業では、現場労働者の作業時間を測
定することからすべてをスタートした。
その作業時間を標準化し、効率改善にむすびつける「科学的管理法」
と「小集団活動」によって飛躍的な生産性向上をなし遂げたのだ。

製造業よりは立ち後れたものの、建設業でも同様の取り組みが始まり、
「科学的管理法」が普及してきている。


●このように製造現場で発達した「科学的管理法」とは、技術労働者
の時間測定を行うことがすべての始まりだ。
その結果、他人や他社と比較することが可能となり、改善課題も容易
に見つかる。このようにして業界全体で生産性を競い合い、その戦争
に勝ち抜いた企業だけが成長してきたのだ。
そして今なお、生産性向上への取り組みはあくなき挑戦が続けられて
いるのだ。

●それにくらべて暗黒大陸のまま放置されているのがホワイトカラー
の生産性だ。
とりわけ経営者・管理者の時間の使い方に関しては統一の尺度はなく、
自己管理に委ねられたままなのだ。

ならば、自己管理の方法について学ばねばならない。私自身が最も学
ぶべき課題は自己管理だ。

自己の時間管理を学ぶと言うことは、自分を学ぶことでもある。自分
というブラックボックスに直面することでもある。

<明日に続く>

■■■今日のおすすめ情報■■■

この本はスゴク面白いです。製造業の方はもちろんのこと、建設業や
ホワイトカラーの方にもおすすめします。(武沢)

■《この不況でも儲かる!》話題の最新刊--『最強のモノづくり』
=================================================================
 中国・アジアより、良いモノを安く速く造る…。営業・生産・物流・
販売…の全部門にわたって全体最適で利益を生み出す具体的手法。
これからのメーカー経営の方向性と世界と戦えるモノづくりを明快提示。

◆推薦します→日本電産永守社長・タニタ谷田社長・SHOEI山田社長…
http://www.jmca.net/books/monozukuri/m4/index.html
=================================================================

■JMCA(日本経営合理化協会 出版局の五藤さんからメッセージ

 ●おかげさまで、このコーナーでもご紹介させていただいた
  中村天風述『君に成功を贈る』が、
  http://www.jmca.net/books/kimini/m3/index.html

 三省堂書店・本店/ビジネス書部門 週間ランキング第1位
 東京旭屋書店・池袋店/ビジネス書部門 週間ランキング第1位

 となりました! ありがとうございます!本当に嬉しいです。
 これからも、がんばりたいと思います。みなさまのご声援が何より
 の力となります。よろしくお願い申しあげます。(五藤)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □□史上初の半額キャンペーン中!がんばれ社長に広告を出そう□□

「がんばれ社長」は読者の過半数が「経営者」です。
あなたの告知に最適。「通常号外」も「簡易号外」も「ヘッダ」
「記事中」「フッタ」もみんな半額(2017年末日まで)。
この機会にしっかり PR、しっかり集客、しっかり見込客発見を。
★キャンペーン→http://www.e-comon.co.jp/koukoku/index.html

 ご希望の方には見積書、提案書、メディアガイドをお送りします。
 ご相談もお気軽にメールを!
 連絡先:info@e-comon.co.jp、電話 052-968-2082(広告担当まで)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
経営者仲間や経営力を高めたいという方にこのメルマガをご推薦ください。
届かなくなった方は、こちらから再登録をお願いします。
【公式版・プライベート版メルマガ登録】http://e-comon.jp/touroku

【メルマガ購読を解除する方法】
「まぐまぐ」経由の解除 http://www.mag2.com/m/0000041796.html
「メルマ」経由の解除 http://www.melma.com/backnumber_13939/
「フィデリ」経由の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=64559
「がんばれ!社長」直配信の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=84089

分からない方は届いたメルマガを当方に転送してください。お調べして回答します。
転送先メールアドレス→ info@e-comon.co.jp 「登録解除を希望」係

【発行者】有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢 信行
  〒460-0002   名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3階

【公式ホームページ】 http://www.e-comon.co.jp/
【メルマガバックナンバーを見る】 http://e-comon.jp
【セミナーに参加する】http://www.e-comon.co.jp/session/
【講演・執筆・取材依頼】http://www.e-comon.co.jp/info_input.php
【「がんばれ!社長」の通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【武澤 信行の電子小説シリーズ】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4214
【がんばれ!社長の月刊誌(PDF)】http://www.e-comon.co.jp/saizensen/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【編集後記】
◆配信が大変おそくなりました。
>前号 このページのトップ 次号<


 Email
 登録  解除



■メルマガ登録方法≫
「登録」ボタンをチェックしてメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


■メルマガ解除方法≫
「解除」ボタンをチェックしてメルマガ登録をされたメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


Copyright (C) 2003 有限会社がんばれ社長
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3F
TEL:052-968-2082  FAX:052-972-6465