「読者メール」 経営コンサルタント がんばれ社長!
・過去のメルマガバックナンバーがキーワードで呼び出せます
キーワード:
メルマガ広告 経営者セミナー 経営者通販
今日の言葉(名言/格言集) 画像日記 著作 武沢プロフィール
トップバックナンバー2001年12月 or 理念/哲学 >04日 ビジネスメルマガ

398 2001年12月04日  購読者数11,391名
「読者メール」

★がんばれ社長!2002年カレンダー発売中!http://www.e-comon.co.jp/2002cal/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
   経営者用メールマガジン  『がんばれ社長!今日のポイント』
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【今日の言葉】

  「局面がわからなくなって、攻めても守っても形勢が同じようなら、こんどは攻めていこうと思った。私は攻めて負けるなら仕方がない、と自分にいいきかせた」
( 将棋永世名人:大山康晴 )


『読者メール』


●今日は読者からのメールを2本ご紹介したい。

一本は「金融アセスメント法」に関する質問。
あと一本が、テロ事件以来、大打撃を受けている観光業界からだ。同
業界最前線で若手ベンチャーの旗頭として活躍中の「株式会社エフネ
ス」岡田社長からのメールだ。マスコミ報道とは異なるレポートだ。


■金融アセスメント法に関する質問。

「金融アセスメント法」の概略については、マガジン11/30号でお届け
した。お読みになっておられない方はバックナンバーをご参照願えれ
ば幸いだ。

「がんばれ社長!」バックナンバー 
    e-comonサイト http://www.e-comon.co.jp/

質問1.銀行に対する評価・格付けを行う組織を作るということは、
    何らかの「力」が発生すると考えられます。その力は一種の
    権力とも思われますが、誰がその力や利益をもつのですか?

質問2.この法案の実効性そのものについて、署名推薦者の武沢氏は
    どのようにお考えか、意見をお聞かせ下さい。

●私自身も細部まで熟知しているわけではないことをお断りした上で
ご回答申し上げる。

回答1.都道府県単位で「金融アセスメント委員会」(仮称)を組織
    し、銀行の活動内容や姿勢を評価・格付けします。
    ただし、一方的な評価に偏らないよう、評価理由の公開、銀
    行側からの再審査ならびに異議申し立てのルールもあわせて
    作る予定です。
    格付けする側には、たしかに「力」が発生します。
    しかし、その「力」によって、特定の個人や団体が恩恵をこ
    うむるというものではありません。むしろ、中小企業を中心
    にした借り手や地域社会が利益を得ます。

    今までは、貸し手側にしか力がありませんでした。
    誰が利益を得るか、それは借り手であり、地域社会です。

    また、アセスメント委員会をどのようなメンバー構成にする
    かは今後の課題です。基本的には、貸し手と借り手と第三者
    で構成することになっています。
    貸し手も加わる予定になっているのがポイントですね。

回答2.実効性についてのご質問ですが、まずこの法案は、学者が机
    上で思いついたのでもなければ、中小企業者が怒りをもとに
    発案したのでもないことを申し上げておきます。
    
    アメリカの「地域再投資法」という法律をベースにしていま
    す。この法律は、早くから金融自由化が進められた米国にお
    いて、地域経済を守り、活性化させる役割を担う法律として
    高く評価されているものです。
    
    金融の自由化は、国際レベルでの銀行サバイバル合戦になっ
    ていきます。その結果、今の日本の銀行のように、地域性や
    社会性を犠牲にせざるを得ない面があるのです。
    それを予防する意味からアメリカに「地域再投資法」がある
    わけで、そうした機能を日本にも持ち込もうというものです。

    法案として提出しようというものですので、日本では長い時
    間をかけて中小企業家同友会と、学者、法律の専門家、など
    が加わって骨格づくりを進めてきました。
    そうした背景から、充分に実効性も検証されているものと私
    は信じています。

    法案の骨子はこちらです。
    http://www.chudokyo.gr.jp/katudou/kinyu_aces.htm
    
    最後に、何しろまったく新しいスキームを作り出そうという
    試みですので、幾多の障害もあるでしょう。しかし、確実に
    貸し手と借り手の関係が適切に是正されてゆく法案だと思っ
    ています。

●「金融アセスメント法」を国会提出するために、50万人署名を目標
に、全国の中小企業経営者が立ち上がっています。あなたも署名集め
にご協力いただけるなら、住所を書いてメールをお願いします。
署名用紙を郵送させて頂きます。  期限:12月22日(土)

メール宛先 mailto:take@e-comon.co.jp

■アメリカレポート(ギャランツアー岡田)

当社は旅行関連ですから、甚大な影響を受けております。しかしなが
ら、当社は旅行会社の後方支援サービス会社として、現在母体となっ
ている『ギャランツアー』(航空券の仕入発券代行業)以外にも、新
たな後方支援サービスを提供していこうと、テロ以前から起案してい
た新事業を、予定を繰り上げて立上げるなど、苦しいながらも活気を
失うことなく、この時期を乗り切る事が出来そうです。

テロをきっかけに起案した案件の一つとして、当社の子会社であるト
ラベルビジョンが呼びかけて、『NY&ボストン視察ツアー』を実施し
ました。対象は、旅行会社に勤務する人。

業界の危機的状況の中、業界復興の為に今できる事は何か?それは、
少しでも多くの環境客をNYへ送り、その人達に消費してもらう事であ
り、その為にはまず、旅行商品を販売する側が自信を持ってお客様に
現地情報をご案内できなければ・・・・・という主旨です。実際にこ
のツアー添乗した者の報告書がありますので、一度読んでみて下さい。


=『米国の最新情報について』 (抜粋)============

先週トラベルビジョンのニューヨーク・ボストン研修旅行に添乗で随
行してきました。
簡単に現地事情について報告いたします。

出発のちょうど一週間前に発生したAAの墜落事故で、忘れかけていた
いやな思い出が蘇り、さすがに私も今回の旅行には腰が引けました。
これは、参加された方もほぼ皆さん異口同音にその心境を話されまし
た。また、周囲の人からも「よく行くね」というような感想をもらさ
れましたが、日本人のメンタリティーやその環境からすると、それら
が大多数の偽らざる心境と思われます。

成田空港のNWのカウンターは、ガランとしていて通常の賑わいがウソ
のような状況で、業界を取り巻く深刻な事態を如実に反映していまし
た。しかし、ゲートへ行くと今度は逆に、カウンターの状況がウソの
ように搭乗客でごった返しています。これらはアジア各地(中国、台湾、
韓国、フィリピン、タイ、インド等)から米国本土を目指す人たちです。

当然機内も満席で、これにはビックリしました。UAやNWの成田以遠の
アジア路線の展開を考えれば、ある意味当然であり、米国・アジア間
の交流の多さを実感しました。

ニューヨークでも街中がサンクスギビングの直前、またクリスマス1ヶ
月前ということで、非常に賑わっており、とても2ヶ月前に世界をあれ
だけ震撼させたテロの直撃を受けた街とは思えませんでした。

1年で一番消費が高くなる時期ということを割り引いても、街にショッ
クは残っていないようです。また、テロの遺産による警備の強化で治
安も格段によくなっていて、夜の外出も以前と比較すれば、天と地ほ
どの違いです。

日本のマスコミ報道はいつも極端であり、ニューヨーク中がいまだに
大きな傷跡の中で喘いでいるような錯覚を持っていましたが、表面上
はすっかり癒えているように思えます。
欧州からもどんどん観光客は入っており、IBM社は当初スペインで予定
していや大きなイベントを急遽ニューヨークへ持ってきて実施したそ
うです。ホテルの稼働率も高いレベルになっているようです。

ただ、唯一違っているのは日本人旅行者を見かけなくなったことだと
いうことです。
企業の出張自粛や観光取り止めなどが影響しているわけで、現地オペ
レーターはどこも青息吐息です。現地へ行ってみて日本人の極端な行
動は現地では奇異に写るようで、私達も実際に現地でそう感じました。

それから、もう一つ大きな変化は空港の保安体制です。これまでは現
地の人もこれでいいのかというくらい、全く保安については頓着され
ていませんでしたが、車寄せでのポーターへの荷物預けはできなくな
り、日本と同じようにチェックインカウンターでの手続きを求められ
ます。そして、セキュリティチェックも数段厳しくなり、日本では鳴
らないズボンのベルトでも機械が反応します。列はなかなか進まず時
間は相当かかります。国内線でも2時間前には空港へ着いておかないと
いけないようです。これは米国に慣れた方にはビックリする状況です
が、旅行会社の立場としてはお客様に必ず伝えなければならない事項
です。

今回の旅行を通して感じたことは、米国へ旅行することは全く問題が
なく、むしろ今が行き時であるということです。一人でも多くの業界
関係者がそれを伝え広めていかなければなりません。特に当社の営業
担当の皆さんは、代理店の方々へ「全く問題がないこと」を積極的に
伝えて下さい。業界では、JATAのハワイ向けイベントを始め、やっと
米国向けの動きが出てきましたが、先鞭をつけたのは当社グループの
トラベルビジョンであることを誇りに思い、需要復興へ向け努力を続
けましょう。なお、現地旅行中にニューヨークやボストンの業界関係
者から大変感謝されたことを、最後に申し添えておきます。

=『米国の最新情報について』 (以上、抜粋でした)======
             株式会社エフネス CEO 岡田 直樹

●“マインド”とか“イメージ”は、実態を正確に表すものではない。
来年2月の米国企業視察ツアーを中止したばかりの私としては、耳が
痛いレポートとなった。

■■■今日のおすすめ情報■■■

■発刊2週間で、2万部突破! 『君に成功を贈る』
===================================================================
 今まさに、法人での一括買い、指名買いが急増している注目の書。
 希望に満ちあふれる若者たちを前に、熱く、優しく、しかも面白く、
 「人生成功の秘訣」を解き明かす。中村天風師の名講演の魅力をその
 ままに、いま甦る《魂に直接に語りかけてくる感動の教え54項目》。
 http://www.jmca.net/books/kimini/m3/index.html
===================================================================

──あなたのなりたい社長像、あなたが作りたい会社がここにあります──
==================================
■第103回 新春 全国経営者セミナー■ 1月23日(水)・24日(木)・25日(金)

2002年、社長のための「新たな繁栄を勝ち獲る新・競争戦略」
独創経営で大躍進を続ける29社の経営者、実力専門家の戦略・戦術を指導
http://www.jmca.co.jp/seminar/ad/top103-2/103.html
==================================

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □□史上初の半額キャンペーン中!がんばれ社長に広告を出そう□□

「がんばれ社長」は読者の過半数が「経営者」です。
あなたの告知に最適。「通常号外」も「簡易号外」も「ヘッダ」
「記事中」「フッタ」もみんな半額(2017年末日まで)。
この機会にしっかり PR、しっかり集客、しっかり見込客発見を。
★キャンペーン→http://www.e-comon.co.jp/koukoku/index.html

 ご希望の方には見積書、提案書、メディアガイドをお送りします。
 ご相談もお気軽にメールを!
 連絡先:info@e-comon.co.jp、電話 052-968-2082(広告担当まで)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
経営者仲間や経営力を高めたいという方にこのメルマガをご推薦ください。
届かなくなった方は、こちらから再登録をお願いします。
【公式版・プライベート版メルマガ登録】http://e-comon.jp/touroku

【メルマガ購読を解除する方法】
「まぐまぐ」経由の解除 http://www.mag2.com/m/0000041796.html
「メルマ」経由の解除 http://www.melma.com/backnumber_13939/
「フィデリ」経由の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=64559
「がんばれ!社長」直配信の解除 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=84089

分からない方は届いたメルマガを当方に転送してください。お調べして回答します。
転送先メールアドレス→ info@e-comon.co.jp 「登録解除を希望」係

【発行者】有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢 信行
  〒460-0002   名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3階

【公式ホームページ】 http://www.e-comon.co.jp/
【メルマガバックナンバーを見る】 http://e-comon.jp
【セミナーに参加する】http://www.e-comon.co.jp/session/
【講演・執筆・取材依頼】http://www.e-comon.co.jp/info_input.php
【「がんばれ!社長」の通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【武澤 信行の電子小説シリーズ】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4214
【がんばれ!社長の月刊誌(PDF)】http://www.e-comon.co.jp/saizensen/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



>前号 このページのトップ 次号<


 Email
 登録  解除



■メルマガ登録方法≫
「登録」ボタンをチェックしてメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


■メルマガ解除方法≫
「解除」ボタンをチェックしてメルマガ登録をされたメールアドレスを入力していただき、
「送信」ボタンを押してください。


Copyright (C) 2003 有限会社がんばれ社長
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3F
TEL:052-968-2082  FAX:052-972-6465